ブログトップ

uShiOda yUiChi

onlyson.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日のライブ聴いて頂けた皆様ありがとうございました。
マミー良かった。一緒にブルーストークしながら途中まで帰る。やはりブラインドレモンジェファーソンをコピーしまくっているらしい。
次は久々にバグさんとタイバン!と思ったらマミーも出るみたい。凄く楽しみです。

たまに語尾を空気音にしてやたら延ばす人に出会う、いつも行く役所の銀行の派出所の人がそうで、1300円のお返しになりますーーーーーーーーーーーーーっ、の、ーーーーーーーーっには何が含まれているのか、毎回何かを感じるのだけど、それがナンなのかよく分からない。何でこんな無駄な話を書いているのかもよく分からない。
それとquattroという3、4年前までギター弾いてたバンドでまたギター弾くことになりました。果たしてまたどう転がってゆくのでしょうか。この世とはなんなのでしょうか。うちの猫の頭頂部の毛の一部が常に立っているのはなぜなのでしょうか。ばたばたしております。宜しくお願いいたします。現在ソロのアルバムの曲順決めてます。
[PR]
by y-usioda | 2010-08-25 19:35

パゾリーニ

夢野久作ドグラマグラ読み始める、しかし今の自分のモードでなく、うっとうしく感じてしまって、すぐ放る。バタイユの文学と悪は久しぶりに面白い読書だった。あと、ずいぶん前にアキさんに貸して頂いた、パゾリーニの奇跡の丘を見る。凄く良い。背筋のヒンヤリする(している)キリスト。極めて形而上学的なキリスト。部屋の中のキリスト。なんだろう、あのキリストの表情は。やすっぽいドラマ性などは排除されており、それが素朴な生活の中の、民間信仰としてのキリストを浮かび上がらせていて、そこになにか凄みみたいなもの、すごく壮大な(?)ものを感じまして、とか。自分は表現としてこういうことを音楽でやりたいのかもしれない。 たくさん思うことはあったのだけど、自分には文章にて伝える能力が備わっておらず、こうやってどんどん適当なものになっていくのだ。パゾリーニもっと見たい。アキさんありがとうございました。今日のステッパーズ@スーパーデラックス参加できず。悔しい。
酷暑、相変わらず、立ったり、座ったり、寝そべったり、フラフラしたりしているだけで。
[PR]
by y-usioda | 2010-08-16 23:11

ご無沙汰しております。なんだかバタバタしてきそうな予感漂ってまいりました、8月も早10日が過ぎまして、今年は完全にクーラー病、喉が辛いです。
近々のライブ聴いてくれた皆様ありがとうございました。
一昨日の@彦六、アコギだけで場を作るのは難しいと思ってましたが、お店の雰囲気と合っていたみたいで僕自身もかなり手応えありました。ご飯うまいし。是非またやりたい。これからアコギライブ増やしていこうかと思っています。20ギルダーズもいつもよりしっとりしてて、詩がスッと入ってきたり、最高でしたです。新譜楽しみ。終演後、なんだかタバタさんちにお邪魔して、w杯見たりですぐ轟沈。。タバタさん、ジュンゾさん、織田島さん、ありがとうございました。
Leonard Cohenのlive songsを何度も爆音で聴き、オハヨーのアイスをコンプリートし、レイバン越しにディランのdvdを観まくり、起きたらカミサンの目の白目が飛び出ていた。
[PR]
by y-usioda | 2010-08-10 13:44

ライブ

↓出番8時50分から予定です。

8/4
penguin house http://penguinhouse.net/

OPEN 7:00PM START 7:30PM CHARGE ¥1,800

●高橋 誼
●翡翠
●潮田雄一
●ハリネコ

****
8/8
高円寺大陸BAR 彦六
URL: http://www.inv.co.jp/~hiko6/
" 彦六 サイケデリック三畳 "

出演
20 GUILDERS (タバタミツル+スズキジュンゾ)
潮田雄一

18:00 OPEN/19:00 START // charge1500 yen(1Drink込)
==
みみのことなどの活動でも知られる風の唄い手スズキジュンゾと
ZENI GEVA,Acid mothers templeなどで世界をまたに駆ける
サイケデリックインディペンデント曼荼羅タバタミツルの、
サイケ、プログレ、アメリカンロック、日本のフォークをも飲み込んだ、
アシッドな世界を繰り広げる魂のデュオ! 空気栽培と水耕栽培が融合した、
ギター・アンサンブルの天空を駆ける片翼の影
ギューン・カセットより、11月に待望のファーストCDを発売予定の
20 GUILDERS

今秋、スズキの「plunk's plan」レーベルより1stアルバムをリリース予定、
変則チューニングを多用、ニックドレイクからアメリカンプリミティブギターを
若さに任せて一刀両断、 穏やかなギターと歌声、静の中に狂おしさを垣間見せる
潮田雄一

両者が、彦六の三畳ステージに宇宙を創ります。

予約受付は 彦六 まで
[PR]
by y-usioda | 2010-08-04 01:09